記憶術最新の記事

記憶術とは

人にとって記憶力は大変重要なものです。学習能力とは記憶能力とほぼ同じ意味合いとも考えられ、勉強においても暗記しなければならない事はたくさんあります。そんな中で必然的に人は昔から記憶術というものに興味と憧れを持ち、今までにも様々な記憶術とよばれるものが登場してきました。

現在では記憶術は、どちらかというと一度に多くの情報を記憶するための方法や技術として認識されていることが多くなっています。記憶術は一般的に2種類に大別して考えるのがわかりやすく、ひとつは「覚えるコツ」のような方法論であり、もうひとつは脳そのものを活性化させるための体質改善のような方法です。

前者についての歴史は古く、古代ギリシャの時代には既に修辞学の一部門として扱われていたようで、古代ローマの会議でもメモを使用した弁論が認められておらず、そんな背景の中で必然的に発達したといわれています。この古代ギリシャの記憶術はその後、中世ヨーロッパでも受け継がれて利用されました。それは主に修道士や神学者が聖書その他の書物を記憶するために用いられたのです。なぜならその当時はまだ紙と言えば羊皮紙以外の紙が無くてふんだんには使えず、当然印刷技術なども存在していませんでしたから、優れた記憶力を備えているということは教養人にとって必要不可欠な条件だったとも考えられるのです。以来、現在に至るまで、特に入学試験対策や資格試験対策にも記憶術は形を変えながら活用されているのです。

 

 辛くない食事によるダイエット  キャスキッドソンのバッグ

記憶術について

人にとって記憶力は大変重要なものです。学習能力とは記憶能力とほぼ同じ意味合いとも考えられ、勉強においても暗記しなければならない事はたくさんあります。そんな中で必然的に人は昔から記憶術というものに興味と憧れを持ち、今までにも様々な記憶術とよばれるものが登場してきました。
カテゴリー
更新履歴
記憶術とは(2009年9月15日)
一般的な記憶法(2009年9月15日)
場所の記憶を磨く(2009年9月15日)
秀才の記憶ルール(2009年9月15日)
反復させる王道的学習(2009年9月15日)